青汁を摂取について

ロゴ
トップページ
<青汁は長期的に続けていく>
青汁を飲もう!と思っても、いつの時間に飲むのが一番効果が期待できるのか想像できますか?青汁は病院などから処方されるお薬と異なり、どんな時間に摂取しても問題はありません。自由に飲めることが、時に悩みの種となってしまうことも少なくありません。基本的には、自分にライフスタイルや、青汁によって得られたい効果を考えてから時間を決めると良いでしょう。この時間帯だけは飲んではいけないという制限もありませんが、体質によっては青汁のデメリットが出てしまう場合もあるので要注意です。青汁を求める人の多くが効果を期待しているのが、便秘の解消です。便秘になってしまうとおなかの張りが気になるほかにも、新陳代謝が悪くなって太ってしまう原因となったり、肌荒れやニキビが発生する原因となりうる可能性があります。この便秘を少しでも改善したいと考えたときに青汁を飲む時間は夜、就寝前が良いとされています。個人個人によって差はありますが、就寝前に飲むことによって青汁に含まれている食物繊維が無理なく腸まで届き、起床してから朝食を取り、軽く運動などをすることによって刺激され、腸の動きが活発になります。朝飲む場合にも効果がまったく得られないというわけではありませんが、腸に食物繊維を届け吸収されるまでには時間がかかりますので、寝る前に翌朝の準備をしておくほうが良さそうですね。人間が食事をとってから排泄されるまでには24時間かかるとされています。だからこそ、青汁は長期的に続けていく必要があります。

<青汁を摂取する量について>
どんなサプリメント、お薬、食物などにも共通することですが、過剰摂取は避けたいものです。もちろん青汁も過剰に摂取することは、逆効果をもたらしてしまう危険性があります。「体に良いから…」、「もっと効果を得たいから」といった理由で1度に大量に飲むことは避けましょう。一日の生活の中で野菜を食べる機会が少ない人は、毎回の食後などに飲むと良いでしょう。逆に毎回たくさんの野菜をバランスよく食べられている人は、1日1回でも問題はありません。このように、個人の体質や生活習慣によって、飲む量や回数が変わってくるのです。多忙な人や飲み忘れてしまうことがある人は、「食後に飲む」などのルールをつくっておくと、長期間飲み続けられることができるでしょう。また、粉の青汁に関しては1回の量が適量で個別に梱包されていることが多く、飲むたびに摂取する量が著しく偏る心配もありません。また、多くの人に効果が出やすい量をメーカーが独自に研究しているので、自分で微調整をしなくても手軽に飲むことができます。そのため、青汁を初めて飲む人や、まだ飲み慣れていない人は梱包通りに飲むことをオススメします。長く飲んでいくと、どのくらいの量が自分に合っているのか考えながら飲むと良いでしょう。そこで増やしたり減らしたりすることができます。しかし増やすにも減らすにも、いきなり大量に増減してはいけません。青汁に慣れてきた体内が突然の変化に驚き、予想できない症状を引き起こしてしまう可能性もあります。ゆっくりと、自分の体と相談しながら、青汁と長い生活を続けましょう。



Copyright(c) 青汁を摂取について. All right reserved.