毎年、流行するインフルエンザですが、何か対策していますか?インフルエンザは予防接種以外にタミフルやリレンザなどを服用することでも予防が可能です。また、乾燥している室内には加湿をする、通勤時にはマスク着用などでも予防できます。

インフルエンザを予防できる薬の種類

インフルエンザに感染すると倦怠感、筋肉痛、頭痛、咽頭痛、高熱と普通の風邪とは違って、重い症状が出ることが多いです。また、風邪違い、インフルエンザは肺炎や脳症、気管支炎など合併症を起こす危険性も高く、注意が必要な感染症となっています。
主に、ウイルスが浮遊している空気を吸い込むことによって感染する空気感染、感染している人が触ったものからうつる接触感染、くしゃみや鼻水といった飛沫物からうつる飛沫感染によって発症します。潜伏期間は1日、2日が多く、いきなり高熱が出たり、悪寒を感じることで感染に気が付きます。予防接種を受けている場合は、症状が軽いことがあり、子供の場合は、ぐったりする、鼻水や喉の痛みを訴えることもあります。
インフルエンザに感染した場合、抗インフルエンザ薬にて治療を行うことがありますが、感染することによりリスクが高くなる人にはあらかじめ予防として使用することが認められています。基本的に認められているのは65歳以上の高齢者、慢性心疾患、慢性呼吸器疾患、糖尿病などの代謝性疾患、腎機能障害がある人で、家族にインフルエンザに感染した人がいる場合です。
インフルエンザを予防できる薬の種類としては、タミフル、リレンザ、イナビルがあります。タミフルとリレンザの場合、治療では1日2回5日間ですが、予防薬として服用する場合は、1日1回10日間となります。タミフルは成人と子供とで量が異なりますが、リレンザは大人でも子供でも同じ量を吸入します。イナビルもリレンザと同じように吸入するタイプの薬ですが、10歳以上の場合1日1回1本を2日連続して吸入するようになります。
なお、どの薬も薬を服用している期間だけ予防効果があります。
また、それらの薬はインターネットを使った通販サイトで購入することもできます。特にあんしん通販薬局の評判はよく、利用者も多いようです。しかし通販は何かあった際に自己責任となるため、それを踏まえた上で購入しましょう。

外出時のインフルエンザ予防法

空気が乾燥し始める時期になるとインフルエンザが流行り出します。インフルエンザは普通の風邪とは症状が違い、高熱が出て関節が痛んだり頭痛、倦怠感などの症状が現れるという特徴があります。
子供やお年寄りは症状が重たくなることがあるために感染しないように予防することが大切なのです。
予防する方法はいくつかありますが、基本的に感染するのは飛沫感染か接触感染ということになります。飛沫感染というのは感染者の咳やくしゃみによってウィルスを含んだ唾液が飛んでしまい、それを吸引した人の体内に入り込んで感染します。
接触感染は感染者の手についているウィルスがドアノブやボタンなどに触れて、そのドアノブやボタンを触った人が口や鼻を触ってしまいその粘膜から感染してしまうことになります。
いずれも外出時に感染してしまうことが多くなるために外出時の予防法が必要となります。人ごみや電車の中などはマスクをしておくことが大切です。
もうひとつは手をよく洗うことです。インフルエンザなどのウィルスは簡単に取れないために丁寧に水で流しながら指の間なども含めて洗うことです。
インフルエンザ予防に効果が高いものとして予防接種があります。予防接種をすることで、もしインフルエンザに感染しても発病する可能せいが低くなるということと、症状も軽く済ませることができるのです。
ウィルスは空気が乾燥すると飛びやすくなるために加湿器などを使用して部屋の湿度管理を行うか、喉を乾燥させないようにすることです。
そして体力を維持しておくことです。疲れていたり栄養バランスが偏った状態では抵抗力が弱くなってしまい感染しやすくなるために日頃から十分に睡眠をとってバランスのとれた食事を行うことです。

インフルエンザの家にいる時の予防法

インフルエンザが流行りだす時期がありますが、これは空気が乾燥してくる時期から流行り出します。インフルエンザはウィルスによって感染してしまい発症すると高熱や関節痛、頭痛、食欲がなくなるといった症状が現れます。
気をつけなければいけないことは高熱によってインフルエンザ脳症など起こしてしまうことがあるため、予防と早めの処置が大切です。
予防方法についてはまず感染経路を知っておく必要があります。インフルエンザウィルスは空気が乾燥するとウィルスの水分も乾燥してしまい浮遊しやすくなり拡散してしまいます。特にインフルエンザにかかっている人が咳やくしゃみをすることで感染する飛沫感染と、ウィルスが付着している物に触ってしまい手から口や鼻の粘膜から感染してしまう接触感染というものがあります。
そのため外出や人混みがあるところはできるだけ避けるという事が予防の基本ということになります。外出や人混みのあるところに行く場合はマスクをするということと手洗いをするということで予防します。マスクは口や鼻の粘膜を保護するという役目もあり手についたウィルスは手洗いによって洗い流すということです。
家にいる場合は安心かというとそうではありません。ウィルスは浮遊することになるため室内にもウィルスがいる可能性はあります。暖房などを使用して室内の空気が乾燥していると喉も乾燥してしまい感染しやすい状態になってしまうのです。家にいる場合の予防方法としてはできるだけ部屋を乾燥させないようにすることです。
加湿器などを使用して湿度を一定に保つというのは効果的です。そして何より体調を崩さないことです。栄養を取って睡眠も十分に取っておく事がインフルエンザ予防には必要です。