毎年、流行するインフルエンザですが、何か対策していますか?インフルエンザは予防接種以外にタミフルやリレンザなどを服用することでも予防が可能です。また、乾燥している室内には加湿をする、通勤時にはマスク着用などでも予防できます。

インフルエンザでも体重が減らない食べ物

インフルエンザになると、高熱が出たり、頭痛やのど、筋肉の痛みなど、さまざまな症状に苦しむことになるのですが、そのなかでも、吐き気や腹痛があると、食事も十分にとることができなくなってしまいます。何日もの間、食べ物を口にできないでいると、やつれてしまったり、体重も減ってしまいます。インフルエンザになっても、体重が減らないですむようにするためには、どのような食事を心がけるようにすればよいのでしょうか。
まず、吐き気があるうちは、やはり、無理に飲食をすることは避けるべきでしょう。体重の減少が気になってしまったとしても、結果的には、適切な対応をした方が、症状が長引かずに済むことになります。吐き気がある間は、少量の白湯やスポーツドリンクを摂取する程度にします。ただし、発熱がある場合には、脱水症状の危険もあるので、十分な注意が必要です。吐き気や下痢がおさまってきたら、消化の良い食事を心がけるようにしましょう。ここで、間違っても、脂分や糖分の多い食べ物を選ぶことは避けるべきです。そうしないと、症状はなかなか改善せずに長引くことになってしまいます。その間には体重も多少、減ってしまうことになるかもしれませんが、胃腸が順調に回復すれば、すぐに食べられるようになって、体重も回復することにつながりますから、まずはしっかりと胃腸を休ませて、消化しやすいおかゆやうどんなどの炭水化物から食べるようにしましょう。様子をみながら、魚や肉を食べることも大切ですが、魚は白身魚を選ぶようにして、肉であれば鶏肉の脂身の少ない部位を選ぶようにすることが大切です。調理法も、油でいためるより、茹でたり、煮込んだりするほうが消化しやすいといえます。