毎年、流行するインフルエンザですが、何か対策していますか?インフルエンザは予防接種以外にタミフルやリレンザなどを服用することでも予防が可能です。また、乾燥している室内には加湿をする、通勤時にはマスク着用などでも予防できます。

インフルエンザは病院での予防接種や室内温度で予防

毎年、冬になるとインフルエンザが大流行します。
それはインフルエンザウイルスは空気が乾燥している状況化で感染力を強くさせるからなのです。
感染力の強いインフルエンザの感染経路は飛沫感染と接触感染の2種類があります。
飛沫感染は感染者が咳やくしゃみをして飛び散った唾液や鼻水が他の人の口や鼻などに入って感染してしまうことで、接触感染は感染者の唾液や鼻水が付着した物を健康な人が触ったときに手にウイルスが付いてしまい、その手で自身の口や鼻を触ったときに感染してしまうことです。
ですから、インフルエンザに感染することを防ぐためにも外出時にマスクを着用することや、こまめに手洗いやうがいをすることが大切になるのです。
また、インフルエンザが流行する前に病院へ行き予防接種を受けることが効果的であるのはもちろんのこと、ウイルス感染しづらい体作りをするために栄養バランスが良い食事と適度な睡眠や運動などをして免疫力を高めておくことも必要です。
あと、インフルエンザウイルスは寒くて乾燥した環境で感染力を強くさせるので、加湿器などを使って部屋の湿度を保ちながら室内を暖かくして過ごすことも感染予防の大きなポイントとなります。
しかし、どれだけ気をつけていたとしても感染してしまうこともあります。
もし、インフルエンザに感染してしまったら集団感染を防ぐためにも会社や学校を休み、自宅でしっかり静養しなければなりません。
ただ、自宅に家族がいるという人も多いと思います。
家族内にインフルエンザの感染者が出たときには、お世話係りは一人に限定して感染者を隔離した部屋で静養させることで家庭内感染を防ぐことが大切です。
その際には感染者がマスクをすることでウイルスの拡散を防ぐことができます。
また、感染者がいる室内にはウイルスが蔓延してしまうので適度に部屋の空気の入れ替えを行って換気する必要もあります。