毎年、流行するインフルエンザですが、何か対策していますか?インフルエンザは予防接種以外にタミフルやリレンザなどを服用することでも予防が可能です。また、乾燥している室内には加湿をする、通勤時にはマスク着用などでも予防できます。

インフルエンザ脳症と医薬品の関係

 インフルエンザを恐れる人が最も気にしているのは、インフルエンザ脳症と呼ばれる症例にである場合が多いでしょう。この懸念があるため、子どもや高齢者の場合は、念のため医療機関に連れて行ったほうがいいのではないかと考える人が多そうです。この脳症は、インフルエンザにかかった時だけ起こるわけではなく、水ぼうそうにかかった時にも、ある医薬品を使用した場合、起こり得るとされます。その医薬品とは、解熱剤です。解熱剤を使ったために起こる脳症であり、インフルエンザが原因というわけではないという説もあります。インフルエンザ脳症とされた人の脳から、インフルエンザウィルスが見つかっていないため、インフルエンザ脳症という概念は正しくないとも言われています。解熱剤を使ったことによって起こる症状であるから、これに限らず水ぼうそうにかかった場合でも、子供には解熱剤を使用しない方がいいとされているようです。
 インフルエンザはもともと、ウィルス性の風邪の一種であるから、暖かくして寝ていれば、1週間後には治癒するとされているものです。成人でも脳症になることはありますから、年齢にかかわらず、感染したら無理をせずに、安静にしていることが一番ではあるでしょう。抗ウィルス薬は続々と誕生していますが、稀に重篤な副作用が出ることもあり、しかもそれによる犠牲者が何人も出てからその情報が伝わるため、おいそれとは使いたくないという人も少なからずいそうです。予防接種も効きませんから、感染を防ぐことはできません。感染したら、自己免疫力に頼って、安静にして寝ているのが最善の策であるかもしれません。自己免疫力を高める方法はいろいろあり、事前の対策もできます。